生理不順だと不妊になりやすい?

生理不順と不妊の関係性を、けい子レディースクリニック表参道の寺師先生に聞いてみました。
生理不順だと不妊になりやすいのでしょうか?関係はありますか?
生理不順には
・排卵がある生理不順
・排卵がない生理不順
があるので、不妊かどうかはきちんと検査しないとわかりません。
毎月きちんと排卵があるのが正常なので、排卵がないと妊娠しづらいことにつながります。
排卵があるか知るためには、基礎体温を測った方が良いのでしょうか?
月経があるだけでは排卵があるかわからないので、基礎体温の記録をつけたほうが良いですね。
基礎体温の記録をした方がいいんですね!
基礎体温がなくても診察はできます。
超音波や血液検査などいろんな指標があるので、基礎体温は参考程度に見ています。
毎日測るのも大変ですもんね…
もちろん不妊症の場合には記録をつけてほしいですが、それがストレスになってしまうのも良くないので、強制はしていません。
そんなにきちんとつけていなくて良くて、排卵があるかないか傾向がわかれば良いです。
そうなんですね!
まずは排卵があるかないか知ることが大事なんですね!
あとは、ピルを飲んで無理に月経も排卵もおこなさい環境を作っておくと、不妊の原因の一つである子宮内膜症の予防になります。
将来妊娠したいと思ったときに不妊症になっているということになりにくいです。
ピルは生理痛を楽にするだけではなく、将来的に不妊の予防になるんですね!
寺師先生、教えていただきありがとうございました!
お話してくれた先生
寺師 恵子先生
けい子レディースクリニック表参道
院長
ペアケアに基礎体温を記録しよう
きちんと排卵が起きているかチェックするために、ペアケアで基礎体温を記録する習慣をつけましょう。