生理前にニキビや肌荒れが起こるのはなぜ?

生理前にニキビや肌荒れが起こる理由や対処法をフィデスレディースクリニック新橋の篠倉先生に聞いてみました。
生理前にニキビや肌荒れが起こるるのはどうしてでしょうか?
生理前のニキビや肌荒れはプロゲステロンというホルモンが原因です。
プロゲステロンには、男性ホルモンに似た作用があり、皮脂分泌を盛んにしてしまう作用や、毛穴の角質を厚くしてしまう作用があります。
毛穴が詰まりやすくなってしまい、毛穴の中でアクネ菌という皮膚の常在菌が増殖し、炎症を起こすことでニキビができてしまうのです。お肌にあったスキンケア、外用薬などで改善ができます。
ニキビや肌荒れが起こらないようにするために、どんなことに気をつけるべきでしょうか?
まず、食べ物に関しては、たんぱく質、ビタミン類を中心に、バランス良く取りましょう。
また、食物繊維なども取り、便秘の予防もした方が良いですね。
脂肪分や糖質の取りすぎは避けましょう。
あとは、洗顔を正しくしていただくことと、保湿もしっかりすることが大切ですね。
洗顔で気をつけることはありますか?
洗顔は、1日2回、ゴシゴシこすったりせず、優しく洗いましょう。月経前のニキビは、オイリー肌の方だけにできる訳ではありません。
特に、もともと乾燥肌の方などは、肌のバリア機能が低下していることが多く、小さな変化でもニキビや肌荒れが起こりやすいです。また、肌が乾燥していると、それを補うために皮脂が分泌されるという悪循環がおこりますので、しっかり保湿してあげることが大切です。また、ビタミンAを含んだスキンケアが有効とも言われています。
過剰な紫外線を避けることも大切です。
生理前のストレスは、肌に影響を与えますか?
精神的なストレスは、お肌の代謝のために必要な、質の良い睡眠を防げる原因になります。
また、ストレスは、皮脂分泌を過剰にしてしまいますし、生活が不規則になる原因にもなってしまいます。月経前の時期は、ゆっくり気分転換をしながら過ごしましょう。
喫煙も控える方がオススメです。
ニキビや肌荒れが酷い場合や、毎回起こる場合はどうしたら良いでしょうか?
ニキビでお悩みの方には、食事、お肌にあったスキンケア、生活習慣に気を付け、必要な場合は外用薬などで治療ができますが、それでも、なかなか改善しない方もいらっしゃいます。
そのような方には、男性ホルモン作用を抑えるための低用量ピルなどが手助けになることが多いですよ。
酷い場合は、ピルで肌質の改善が期待できるんですね!
はい。当院でも、スキンケア商品のご紹介や、ピル、漢方の処方などでお役に立てると思います。
生理前のお肌調子でお悩みの方は、ぜひご相談くださいね。
そうなんですね!
篠倉先生教えていただきありがとうございました!
お話してくれた先生
篠倉 千早先生
フィデスレディースクリニック新橋
院長 産婦人科医
ペアケアに記録しよう
生理中に変化を感じたら、ペアケアに記録する習慣をつけましょう。