生理前・生理中に食欲が増える理由は?

生理前・生理中に食欲が増える理由や対処法をフィデスレディースクリニック新橋の篠倉先生に聞いてみました。
生理前に食欲が増えるのはどうしてでしょうか?
おおまかにいうと、ホルモンのせいなのですが、
生理前はプロゲステロンというホルモンが増えるため、それが身体をむくみやすくしたり、イライラさせたりしてしまいます。そのため、過食に走ってしまう方が多いと言われています。
過食や強い食欲はホルモンのせいなんですね!
はい。また、プロゲストロンの影響を受けてセロトニンという脳内ホルモンが減少することもあります。
セロトニンは幸せホルモンとも言われていて、安定しているとストレスに強くなり、イライラしにくくなります。
本来セロトニンには
①ストレス軽減
精神的に安定させてくれる
②満腹感を与えてくれる、食欲を抑制してくれる
2つの作用があり、それが減ることで過食に走りやすくなります。
特に、甘いものが欲しくなってしまうのはなぜなのでしょうか?
甘いものをとると、一時的にセロトニンが増えるのですが、それで気持ちが落ち着くこととそれを繰り返すことで、身体が「甘いものをとると安心する」と覚えているからと言われています。
そういう仕組みなんですね。
強い食欲を感じたらどうしたら良いのでしょうか?
一度にたくさん食べずに、分食にしてちょこちょこ食べた方が良いですね。
あとは、身体がむくんだりすると体が重くなりイライラしやすいので、食べ物は、塩分が多いものは控えること、バランスの取れた食事をとることが大切です。
水分もしっかりとった方がむくみにくいですよ。
セロトニンを増やすには、植物性のタンパク質を摂ったり、ビタミンB6を一緒に摂るいいといわれているので赤身のお魚や脂肪分の少ないお肉がおすすめです。
逆に、生理前や生理中に食欲がなくなることはありますか?
体調不良やイライラが原因であまり食べたくなくなるという方もいらっしゃいますね。
無理に食べなくても良いので、
よく休んで睡眠をしっかりとって、リラックスした生活をしていただくのが良いと思います。
そうなんですね!
篠倉先生教えていただきありがとうございました!
お話してくれた先生
篠倉 千早先生
フィデスレディースクリニック新橋
院長 産婦人科医
おすすめのコラム