paircare

排卵日に痛みや出血があるのはなぜ?

coverImage
排卵日に痛みや出血がある理由や対処法をフィデスレディースクリニック新橋の篠倉先生に聞いてみました。
排卵日に痛みを感じるのはなぜなのでしょうか?
talkerProfileImage
talkerProfileImage
排卵は、1生理周期で通常の方だと1つ排卵すると言われています。
排卵までの間、たまご(卵子)が卵胞という袋に入っていて、その卵胞が育っていってだいたい20mm~24mmくらいの大きさになると排卵すると言われています。
contentImage
卵胞が大きくなるんですね!
talkerProfileImage
talkerProfileImage
はい。卵胞が育ち、卵胞の壁が破れ、卵子がお腹の中にでて、卵管に吸い込まれていくことが排卵です。
その卵胞が破れるときに、中にたまっていた卵胞液がお腹の中に出ていくので、その刺激でお腹が痛くなると言われています。
contentImage
排卵日の痛みは、卵胞の壁がやぶれる刺激なんですね!
talkerProfileImage
talkerProfileImage
壁が破れるときに多少出血する方もいらっしゃるのでその血液が腹膜を刺激することもあると思います。
排卵日ではなく、排卵前に痛いという方は、排卵前に急に卵胞が大きくなる痛みと言われています。
卵胞が育っている痛みか、破れる痛みのどちらかが考えられるんですね。痛みを感じたらどうしたら良いでしょうか?
talkerProfileImage
talkerProfileImage
しっかり排卵している証拠なので、痛み自体は悪いものでありません。しかし、あまりにも強い排卵痛を感じる場合やだんだん酷くなっていると感じたら、中には子宮内膜症のような病気が隠れている可能性もありますので、悩んでいる方は一度診察をうけていただいたほうが安心だと思います。
排卵日の出血は、どの程度なら大丈夫なのでしょうか?
talkerProfileImage
talkerProfileImage
小さいナプキンをする程度なら問題ありませんが、生理2日目くらいの出血量であれば、多いと思います。
排卵の出血は、数日で治まるのが普通ですが、2〜3週間も続いてしまったり、生理かどうかわからない場合などは、一度診察をされたほうが良いと思います。
そうなんですね!
篠倉先生教えていただきありがとうございました!
talkerProfileImage
お話してくれた先生
profileImage
篠倉 千早先生
フィデスレディースクリニック新橋
院長 産婦人科医
ペアケアに記録しよう
排卵中に変化を感じたら、ペアケアに記録する習慣をつけましょう。
actionImage