paircare

年齢によって生理の痛みに変化はある?

coverImage
年齢と生理痛の関係について、けい子レディースクリニック表参道の寺師先生に聞いてみました。
年齢によって生理の痛みに変化はあるものでしょうか
talkerProfileImage
talkerProfileImage
この歳だからといって変化することはありません。
ですが、お産をすると頸管が開いて狭くなくなり経血が出やすくなります。子宮収縮が弱くても大丈夫で、痛みが少なくなると思われます。
contentImage
年齢よりもホルモンの状態で変わるんですね
talkerProfileImage
talkerProfileImage
ただ、40歳から月経周期が短くなることは多いです。
排卵から月経までが短くなるので、無排卵で月経を迎えることもあります。
月経前症候群(PMS)もでしょうか?
talkerProfileImage
talkerProfileImage
PMSは30代から増えますね。
環境による精神的なストレスや仕事に対するストレス・責任感から。年齢だけでなく、会社での問題を抱えている人に増えていると思います。
年齢を重ねると、責任ある立場になりやすいですもんね
talkerProfileImage
talkerProfileImage
そうですね。40代~50代は明らかに年齢によるものですが、30代であれば、環境による外的要因が多いですね。
そういう場合には、先生はどんなアドバイスをされていますか?
talkerProfileImage
talkerProfileImage
規則正しい生活をして、夜はしっかり休むこと。
あとは、体を動かしたり食べ物に気をつけることですね。
出すお薬はピルです。
やはり、ピルが良いんですね!
talkerProfileImage
昔はピルは避妊のイメージでしたが、PMSを抑えたり、生理をコントロールできるので皆さん使うようになってきていますよね
talkerProfileImage
そうですね。生理痛で悩むとか、予定がかぶるとかいちいち生理のことで悩むのは時間が勿体ないですし
明治時代の人は、妊娠してすぐ授乳してまた妊娠をしてというのを5人くらい繰り返していたので、生涯月経回数が現代に比べて5分の1の回数だったんです。生理は妊娠を希望しないのであればないほうがいいんです。
contentImage
現代人の方が、はるかに月経の回数が増えてますね…!
talkerProfileImage
寺師先生、教えていただきありがとうございました!
お話してくれた先生
profileImage
寺師 恵子先生
けい子レディースクリニック表参道
院長
ペアケアに記録しよう
痛みやイライラなどを毎月感じているか知るために、ペアケアのカレンダーに症状を記録する習慣をつけましょう。
actionImage